google-site-verification=uvWH9B2uy-nyPY4jtiZsPCcI3q6JkQh-bSsn8LEXjuU
災害・その他

忘れていた消火器の使用期限

今日は7月並みの暖かさ(暑さ?)と言うことで、北海道も20度を超えています。

先日、ダスキンさんから連絡があり、家庭用の消火器の使用期限が来たので新しい消火器を注文するか確認されました。

約束した日に新しい消火器が届きました。

家庭用消火器の設置は必要か

消火器をめぐっては、一時期詐欺が横行していました。

消防署の方から来ました。消火器の設置が義務付けられています」と言って、高いお金で消火器を買わされると言うやつです。

テレビで「それは詐欺です」と言って報道されていました。

消防署が消火器を売りに来ることはないし、警察が通帳や現金を預かりに来ることはありません。

でも、詐欺師とはもっともらしいセリフで一般庶民の知識の薄いところから付け入ろうとするのです。

とはいえ、わたしもあまり詳しくはないので、今回は消火器の設置、使用期限、処分について調べてみました。

消火器の設置基準について

「消火器設置基準」と検索すると、出てきます。

参考資料はたくさんありますが・・・

HATSUTAホームページ

日本消火器工業会

飲食店、老人ホーム、集会所、商業施設・・・なるほど、人が多く集まる場所の設置基準について書かれていますが、一般の住宅については記載がありません。

しつこく調べた結果、見つけました。

一般の住宅については法令による消火器設置の義務や法定点検の義務はありませんが、定期的に取扱説明書に沿った点検等を実施してください。
また、専門業者を装った悪徳業者が訪問販売で消火器を強引に売りつけたり(リース契約など)、法外な点検料や引取料を請求されるといった事例が報告されていますのでご注意ください。

※日本消防検定協会のページから引用しています。

日本消防検定協会

はっきりと「住宅については法令による消火器の設置義務はありません」と書いてありました。

つまりは「任意」と言うことになります。

消火器の価格

我が家はずっとダスキンの消火器を置いています。

いざと言うときのために、モップなどをレンタルしていた時に勧められて買いました。

価格は7.560円。消費税、期限切れの消火器の回収、処分料込みです。

消火器を売っている業者さんをあちこち見て探し、価格を調べてみましたが、だいたい1万円以内ですね。

デザインやカラーをおしゃれにしてオリジナルの商品を売っているところもあるし、ネットで何でも注文できる事務用品や日用品を扱っているところに3.980円と言う物もありました。

ただし、消火器は使用期限が5年間ぐらいで、一般のごみ処理方法では処分ができません。

リサイクルの専門の業者にお願いすると料金は1.000円から2.000円くらいかかります。

わたしもそうなのですが、自分できちんとチェックをせず、ただ置いているとうっかり使用期限切れになってしまいます。

消火器が家にある安心

火災が起きた時、初期消火を行うために使うのですが、消火器で初期消火をし、大ごとにならずに済んだケースが火事の7割ほどだそうです。

揚げ物をしている時にうっかり目を離してしまったとか、近くの物に燃え移ってしまうことなど、気を付けていても起きることがあります。

ただし、使い方をきちんと覚えておかないといざと言うときに慌ててしまい、使えないこともあるのでこの機会にしっかり説明書を読んでシュミレーションしておきます。

結論 消火器は必要

我が家はキッチンがIHのコンロなので火を使いません。

便利なことに、高温になりすぎたり、火力などの操作をせずに20分放置すると自動的に消えます。

でも、地震もあるし、ポータブルストーブやボイラーもあるので火事が絶対起きない保証はありません。

この時季何かと物入りなので、出費額は大きく感じますが、安心のためには必要な出費と言うことで納得しました。

しかも、ダスキンさんが期限を把握して知らせてくれて、リサイクルも含めて請け負ってくれることを考えると、他に比べて高すぎるわけでもなく、便利です。

ちなみに、伝票には次は2025年の4月に期限が来ると書いてありました。

それまで、何事もなくまた新しい消火器を置けるように日々気を付けながら生活したいです。

そして、家の中の他の防災グッズなどの点検も久しぶりにしておきます。

 

 

ABOUT ME
ka-san
北海道で暮らしています。 夫(とーさん)と二人で気楽な毎日。 子育てを昨年卒業し、今は自由に家で好きなことをして暮らしています。
人気ブログランキング
こちらもどうぞ