手芸

切らないから簡単! 100均手ぬぐいの小物 パート3

切らずに簡単にできる手ぬぐいの小物作りの第3弾は、「のれん」です。

部屋の雰囲気がちょっと変わり、夏らしくて涼しげです。

切らずに簡単!夏ののれん

これまでの手ぬぐい小物の中で一番簡単で、ミシンどころか針と糸なしでもできます。

用意するもの

  • 100均の手ぬぐい(お好みのもの)2本
  • リボンやテープ、またはカーテン用クリップ
  • つっぱり棒
  • 針と糸、または布用接着剤など

 

作り方

  1. お好みの手ぬぐいの上部端にリボンやテープを3か所つける
  2. もう1枚同じくつける
  3. つっぱり棒に通して部屋の入口に取り付ける

 

リボンやテープはピンキングはさみで切るか、端をほつれ止めで処理したり、ライターで軽くあぶるとほつれません。

手軽に夏らしく

100均の手ぬぐいは色柄が豊富だし、リーズナブルで簡単にできるので、何パターンか作って気分で変えてもいいですね。

同じ色柄で2枚使っても、色違い、柄違いで合わせてもおしゃれです。

夏は窓やカーテンを開けているので、開放的になってしまいやすいですが、軽い目隠しにもなるのでおススメです。

ちょっと幅がドアのサイズに足りないですが、真ん中に寄せるとドアの開閉の時に挟まらないのでいい感じです。

 

まだまだ活用できる!100均手ぬぐい

今回は超簡単で、針と糸なしでもできちゃいます。

短めのつっぱり棒を使うとタペストリーにもなり、部屋のアクセントになります。

是非、お好みの手ぬぐいをゲットしてお試しください。

 



 

ABOUT ME
ka-san
北海道で暮らしています。 夫(とーさん)と二人で気楽な毎日。 子育てを昨年卒業し、今は自由に家で好きなことをして暮らしています。
人気ブログランキング
こちらもどうぞ