健康

暑い。暑すぎる・・・

信じられないほど家の中が一日中暑かったです。

どうやらしばらくはこの暑さが続くとのことで、全国の週間天気予報を見ると全て30度以上でびっくりです。

こんな時は家でじっとしていてもコワいのは熱中症です。

外に出ていなくても、運動や作業をしていなくても室内で熱中症になるケースは多いらしく、注意しましょうとテレビでしきりに言っています。

わたしも先週蒸し暑かったときになんだか体調が悪く、足のふくらはぎが痛いので、冷蔵庫にあったもらい物の経口補水液を飲んだら楽になり、「軽い熱中症だったんだ」と気付きました。

家でダラダラしたり、じっとしているとあまりのどの渇きを感じにくく、水分が足りなかったかもしれません。

これは気を付けないと朝起きたら具合が悪くなっていたり、夫が仕事に行っている間に倒れたりしてしまうかも・・・と少し心配になりました。

熱中症を予防し、短い夏をのりきろう

一年で一番暑い時季ですが、北海道の夏は短く、夜寝苦しいほどの猛暑は数年に一度ありますが、たいていはお盆が終わると暑いのは日中だけです。

逆を言うと北海道民は暑さに慣れていないので、たまに訪れる猛暑にぐったりしてしまいます。

我が家はエアコンが寿命になってしまったようで、リビングは扇風機と除湿冷風機のみです。

さすがに今日は日中は窓を全開にして扇風機をがんがん回しても32度くらいまで上がり、夜になっても30度あります。

対策① 水分をとる

水分補給と言っても、緑茶やコーヒー、お酒は利尿効果もあるのであまり適していないようです。

ミネラルウオーターや麦茶がいいと言うので、できるだけ水か麦茶、しかも家の中にいても2階で作業する時は水筒に入れて持ち歩いています。

水分が不足し、調子が悪くなりそうなときはスポーツドリンクや経口補水液が効果があるので、常備しています。

対策② 塩分を取る

大量に汗をかくと体内の塩分も失われてバランスを崩すので、塩分を取るように心がけます。

暑くてもみそ汁は飲んだ方がいいとのことなので、できるだけみそ汁やスープを食卓に出すようにしています。

梅昆布茶などもいいようですね。

対策③ 保冷剤やアイスノンで冷やす

体温が上がらないように、保冷剤で首やわき、足の付け根を冷やすと効果的です。

夜寝る時はアイスノンを使っています。

対策④ 服はゆったりめで

通気性がよく、熱がこもらないようにゆったりした服装がいいようです。

ただ、服は1枚できるよりも素材に気をつければ肌着を着た方が空気の層ができ、体温が上がりにくいそうです。

機能性インナーなどを使うといいと言うので、できるだけ身につけています。

もし熱中症になったら

ちょっとだるい、軽いめまい、足がつるなど、軽い症状の時は水分をしっかり取って身体を冷やし、休めば治りますが、それ以上の重症だと病院に行かないといけません。

熱中症は命に関わったり、後遺症の心配もあるので、病院を受診しておいた方がいいです。

そうなる前に気を付けたいですね。

涼しいところはどこだ

とりあえず今日は寝苦しいようなので、家の中で涼しいところを探して寝ます。

睡眠不足もよくないらしいので、「早寝早起き、水分補給」でのりきります。

 

 

備忘録・雑記ランキング
 

 

 

ABOUT ME
ka-san
北海道で暮らしています。 夫(とーさん)と二人で気楽な毎日。 子育てを昨年卒業し、今は自由に家で好きなことをして暮らしています。
人気ブログランキング
こちらもどうぞ