お金・節約

わかりにくい「軽減税率」制度

2019年10月1日から消費税が10パーセントに上がると言う、この先の生活がますます不安になる状況ですが、今回の増税では、「軽減税率制度」が適用されます。

この軽減税率制度は、特定の品目に対しては通常の10パーセントではなく8パーセントの税率になると言う制度で、対象品目は①酒類、外食を除く食料品、②週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)の二つです。

①の「外食を除く」と言う文言があるため、わかりにくく、複雑と物議を呼んでいますが、細かいケースごとの税率がわかって来ました。

お酒以外の食料品は軽減税率の8パーセントですが、食べる場所や付帯するサービスの内容によっては10パーセントの通常税率になります。

日常生活の中で、何が10パーセントで、どうすると8パーセントなのかまとめてみました。

食料品の軽減税率の適用範囲は?

「食べ物」と言う日常に不可欠な物に対する税率がそれぞれ違うって・・・とある意味衝撃的な話ですが、同じ飲み物や食べ物でも買い方によって税率が変わります。

スーパーでの買い物

お酒以外は8パーセントです。

今まで通り、米や肉、野菜、魚、調味料などは8パーセントですが、ビールやワインなどは10パーセントです。

食料以外の日用品にかかるお金が上がるため、今まで通りとは言えませんし、晩酌用のビールには影響がありそうですね。

外食とテイクアウト

外食する場合は税率は10パーセントです。

同じ商品でも、「持ち帰り」の場合は8パーセントとなります。

ここがわかりにくいところかと思いますが、ハンバーガーショップで買って、店内で食べる場合は10パーセントで、車や自宅で食べると8パーセントです。

遊園地やスポーツ観戦に出かけた場合、売店で飲み物や食べ物を買って、立ち食いや歩きながら、自分の座席で飲食すると8パーセント、店で設置したベンチなどで食べると10パーセントです。

極端なことを言えば、動物園で売店で買って店先のベンチに腰掛けて食べると高いから、近くにレジャーシートを敷くと安くなると言うことですね。

宅配とケータリング

ピザ、お弁当、すしなどの出前を取り、そのまま受け取って食べる場合は8パーセントですが、ケータリングで店外で何かひと手間かかるサービスが加わると10パーセントです。

ただし、老人ホームなどで調理し、入居者に提供する食事は8パーセントです。

消費者だけでない、店側も複雑に

消費税は、消費者が店に支払い、店が税務署に申告して支払うため、飲食店で食事ができ、テイクアウトもできる店はお客さんから徴収する金額も、申告する金額も細かく分ける必要が出て来ます。

売店で売っているソフトクリームも「店の前のベンチ」で食べるのか、離れたところで食べるのかを確認しなくてはいけないし、「ジュースはここで飲むけど、ホットドックは後で食べるから持ち帰り」等と細かく対応しないといけません。

更に材料の仕入れなども考えると、かなり複雑ですね。

「食べる」のは毎日のこと。しっかり確認しよう

気がつけばもう8月です。

増税はもうすぐそこに迫って来ました。

家計費がかさむことは間違いないのですが、知らないと損をすることもありますね。

詳しくは国税庁のホームページを見て確認しましょう。

国税庁ホームページ

そして、増税に伴う「プレミアム付商品券」や「キャッシュレス化によるポイント還元」なども利用して賢く家計のやりくりをし、食糧費の確保に努めたいですね。

 

 

備忘録・雑記ランキング
 

ABOUT ME
ka-san
北海道で暮らしています。 夫(とーさん)と二人で気楽な毎日。 子育てを昨年卒業し、今は自由に家で好きなことをして暮らしています。
人気ブログランキング
こちらもどうぞ