生活のこと

旬のトウキビを届ける。恒例行事が無事終了!


今日ものんきにひきこもり、家好きかーさんです。

今年の9月は2週連続の三連休ですね。

最近夫の仕事が忙しく、毎日残業で帰りが遅い日が続いたり、土曜日も出勤したりしていましたが、今回はしっかり3日間休めたので、わりとアクティブに過ごしました。

いつも行く京極町ふきだし公園に行って大量に水を汲んで来たり、庭のウッドデッキの傷みがひどく、木が割れて足がハマってしまうので、木を買ってきて修理をしたりしました。

そして、毎年この時期になるといつも知り合いの農家さんでトウキビを大量に買い、本州の知り合いや親せきに送り、友人やご近所の方に配ると言う恒例行事が我が家にはあり、無事に終えることができました。

おいしい旬の「トウキビ」をみんなと味わう

春のアスパラガス、夏の夕張メロン、秋のトウキビは我が家の恒例三大行事となっています。

毎年時期が近づくと農家さんに連絡をし、発送する分をお願いして自分たちが分けてもらう日程を決めます。

いつもこの敬老の日の連休に出向く約束をしますが、なにしろ天気や気候に左右されるため、2~3日前にならないとはっきりわかりません。

予定の直前に台風が来てしまうこともあるため、いつもドキドキです。

今年は無事に予定の日に希望の本数を分けてもらうことができました。

あっという間に1年・・・

トウキビを受け取り、その足で結婚前から家族で付き合いのある友人宅に届けました。

高校生になった息子さんに久しぶりに会い、成長にびっくりしました。

それから宅配便の事業所に行って母の友人に発送手続きをし、お腹がすいたので一回帰宅。

トウキビをさっそく大量にゆでて食べました。

今年も甘くておいしいトウキビに満足し、その後近隣の友人宅に配りに出かけました。

この時でないとなかなか会えない友人もいるため、貴重な機会です。

友人には会えなくても、そのご家族に会って、お子さんたちの成長ぶりに感動したり、お母様が元気そうで安心したりできます。

「毎年ありがとうね。今年が最後になっちゃうかなあ」と弱気なことをおっしゃる友人のお母さんに「何を。来年も届けますからね。」と笑って言います。

そして、友人たちと「また今年も何事もなくこの時季を迎えられたね」と喜び合うほど、みんな歳をとって来たのだなあと思います。

うちの母も兄の運転する車で我が家に来て、わたしがゆでたトウキビを食べ、これまた久しぶりの友人宅に届けると言うので、「ゆでたのを持って行ったら?」と言うと「そうだね」と、ラップにくるんで持って行きました。

親たちもその周りの人たちもみんな高齢になり、本当にしみじみと思ってしまいます。

「今年も食べてもらえてよかったなあ・・・」

冷凍庫に大量にストックする

カレーやシチューなどに入れるために、芯から実を取り、小分けにして冷凍します。

これが意外と大変な作業なのですが、トウキビは日持ちがしない物だし、決まった時期しか食べられないので、新鮮なうちが勝負です。

このストックでしばらく楽しむことができます。

今回も黙々と、手もテーブルもトウキビだらけにしながら実をもいでいきます。

お礼の方が高くつくぞ!みんな

今日、夫の友人がビールを届けてくれました。

夫は帰宅が遅くて会えなくて残念そうでしたが、夫にラインで知らせると「かえって高くついたのでは」と返事。

そう、みなさん気を遣ってお礼と言って何かしら下さるので、かえって恐縮してしまいます。

でも、お金とか値段だけでなく、「会えた」とか「母が喜んでる」と言う気持ちを伝えてくれているのです。

そして、「また元気で頑張ろうね」と自分たちも老化を感じつつ、励まし合う気持ちや、自分たちもそろそろどうなるかわからないけど、親がいるからがんばらないと言う軽いプレッシャーもありますが・・・

とりあえず、なんとなく「エビで鯛を釣った」ような気持でいただいています。

今年もミッション終了して安心

いつもしていることを、いつものように終わらせることができて、正直安心です。

また来年もおいしいトウキビをみんなで味わうことができるといいなあと心から願います。

 


備忘録・雑記ランキング 

 

 

 

ABOUT ME
ka-san
北海道で暮らしています。 夫(とーさん)と二人で気楽な毎日。 子育てを昨年卒業し、今は自由に家で好きなことをして暮らしています。
人気ブログランキング
こちらもどうぞ