手芸

ガーゼタオルは本当に使い勝手がいいか検証しよう


今日ものんきにひきこもりの家好きかーさんです。

昨日まで10月とは思えない暑さだったのに、今日は急に寒くなってびっくりです。

最近ガーゼを使っていろいろと作っていますが、息子に「ガーゼタオル」を作ってあげようと思い、そこらじゅうをホコリだらけにしながら励んでいます。

Wガーゼと6重ガーゼや4重ガーゼを合わせて風呂上りに身体を拭いたり、顔を洗ったりするときに使うために作っているのですが、ガーゼの触り心地はいいのはわかっていますが、普通のタオルに比べて本当にいいのか気になります。

そこで、自宅でも浸かって確かめてみることにしました。

タオルに必要なのは「吸水性」

これは重要なポイントです。

肌触りだけでなく、吸水性が良くてすぐに水分を吸い取ってくれないと、ゴシゴシと拭かなくてはいけないので、肌や髪を痛めてしまいます。

普通のタオルよりも素早く水を吸ってくれるのか、確かめないといけません。

ガーゼ生地は、縫う前に水通しをしていますが、洗うたびにふんわりして来ると買ったショップのページにも書いてあるし、ガーゼの雑貨を扱っているお店でも目にする文言です。

つまり、これは数回洗濯をしながら使ってみないと確かめられないので、やってみることにしました。

6重ガーゼと4重ガーゼを使った手拭きを作り、キッチンの手拭きタオルにします。

厚い方が6重ガーゼ、右の4重ガーゼとはずいぶん違います。

早速6重ガーゼの方をキッチンで使ってみます。

速乾性があるか

洗濯した後、すぐに乾くかどうかも大事です。

いつまでも湿っていると、カビや細菌が発生してしまいます。

今自宅で使っているのが、今治タオルの「エアーかおる」と言うお気に入りのタオルで、それがとても吸水性が良く、乾きやすいので気に入っています。

超お気に入りタオル「エアーかおる」が買えない

ようやくゲット!超吸水タオル「エアーかおる」が届く

同じ大きさでミニバスタオルを作り、試してみます。

ヒッコリーが息子用で、ドットが自宅用です。

耐久性も大事

どのくらいふんわり感が持続するかも重要です。

いつも寝る時に使っている「リラックスパンツ」もガーゼですが、最初の頃作った物は生地が固くなってきています。

普通のタオルでも、色が悪くなってきたり、繊維が固くなってきたりするのですが、柔らかい肌触りがどのくらい保てるのか確かめます。

自分で確かめて納得すること

以前から書いているように、ハンドメイドの物をフリマサイトで売ったりしているので、自分できちんと確かめて納得して売りたいです。

これまで作った物を使い、感想を教えてもらうモニターとして友人たちも協力してくれていますが、自分でも気に入る物を作りたいです。

息子もしっかり巻き込まれていますが、母の手作りで少しでも癒されて欲しいです。

息子に作ったふんわりタオル、チェックがかわいいです。

 


ひとりごとランキング 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ka-san
北海道で暮らしています。 夫(とーさん)と二人で気楽な毎日。 子育てを昨年卒業し、今は自由に家で好きなことをして暮らしています。
人気ブログランキング
こちらもどうぞ