google-site-verification=uvWH9B2uy-nyPY4jtiZsPCcI3q6JkQh-bSsn8LEXjuU
災害・その他

25年前のあの日テレビで観た光景を忘れない


今日ものんきにひきこもりの家好きかーさんです。

昨日(令和2年1月17日)で阪神淡路大震災から25年。祈りが捧げられました。


25年前のあの日、朝起きてテレビをつけた瞬間に目に飛び込んできた光景を忘れることはできません。

町中の建物が倒壊し、高速道路の橋脚が折れ、陥没した道路に車やバスが転落し、火災がたくさん起きていました。

中継のアナウンサーの悲痛な声、行方が分からない家族を呼ぶ人々の声・・・

学生時代に訪れたことのある神戸はわたしの知っている場所ではなく、言葉を失いました。

あれから25年経ち、今に至るまでに更に日本各地を大きな災害が何度も襲い、その度に多くの人が被害に遭い、心を痛めて来ました。

今も日本の各地に被災してご苦労されている方々もいらっしゃいます。

そんな今年も暖冬で雪が極端に少なく、異常気象と言われています。

明日のことは誰にもわからないけれど、せめて生きている間は心を込めて祈ろうと思います。

 


ひとりごとランキング 

 

 



 

ABOUT ME
ka-san
北海道で暮らしています。 夫(とーさん)と二人で気楽な毎日。 子育てを昨年卒業し、今は自由に家で好きなことをして暮らしています。
人気ブログランキング
こちらもどうぞ