google-site-verification=uvWH9B2uy-nyPY4jtiZsPCcI3q6JkQh-bSsn8LEXjuU
手芸

意外と簡単!プリーツタイプのマスク


今日ものんきにひきこもりの家好きかーさんです。

相変わらずちまちまとマスクを作ったり、ネットショップで材料を検索しています。

マスクは、立体型のタイプを作っていますが、レシピや型紙は手芸屋さんやネット検索でゲットし、複数試してみました。

大きさやカーブの形状など、フィット感の良い形を求めて試行錯誤し、今の形に落ち着きました。

 

 

 

裏はあえてお化粧などの汚れが気にならない色にしています。

 

 

 

この裏に使っている生地が、やわらかいタイプのWガーゼを使っているのですが、夏にふんどしを作るために買った物の残りなので、そろそろ少なくなっているので購入したいのですが、なかなか手に入りません。

表地の白いガーゼもようやくゲットしたのですが、やはり普段使いには白っぽい色の方が抵抗なく使えると考えるのはみんな同じで、本当にレアです。

そして、生地を最初は2枚重ねていたのですが、今はより安心感を高めるために3枚重ねで作っています。

中にどちらの生地を入れるか、試したところ今回の白い生地の方が少し薄くて厚くなり過ぎなくて縫いやすかったです。

そして、表地の在庫が不足し、次に注文したものが届くまで、違うタイプのマスクにも挑戦しようと思い、プリーツタイプの作り方をまた検索しました。

前に手芸屋さんのレシピで試してみたのですが、今一つうまく縫えず、意外と布も多く使うのでそれきりになっていました。

他の作り方を探して見つけました。

 

 

 

 

両端のゴム通しの部分を、三つ折りにして縫うのではなく、別布でくるんで縫うやり方です。

このやり方で簡単にきれいにできました。

よし、これも自分のレパートリーに加わりました。

白いガーゼが来たら、今度はこれも作ります。

ちなみに、作り方は「fuwara」さん(楽天)のページに載っています。

 

このマスク不足がいつまで続くかわかりませんし、雪が解けたら花粉症でつらいシーズンが来ます。

多分、花粉症には紙のマスクよりも布の方が肌に優しいはず。

家族や友人たちの分がひと段落したら、フリマサイトで必要な人にも分けてあげたいと思っています。

 


ひとりごとランキング 

 

 

 



 

 

ABOUT ME
ka-san
北海道で暮らしています。 夫(とーさん)と二人で気楽な毎日。 子育てを昨年卒業し、今は自由に家で好きなことをして暮らしています。
人気ブログランキング
こちらもどうぞ