google-site-verification=uvWH9B2uy-nyPY4jtiZsPCcI3q6JkQh-bSsn8LEXjuU
断捨離

本の山をリサイクルショップで買取してもらう


今日ものんきにひきこもりの家好きかーさんです。

息子が転職のために帰って来て、家族が増えたのをきっかけに「断捨離」に取り組んでいます。

今日は、寝室の大きな本棚にも入りきれなくなった大量の文庫本を箱や紙袋に詰めて近所のリサイクルショップに持って行きました。

量が多いので、家に取りに来てくれるサービスも考えましたが、以前ゲームソフトなどを頼んだときに、便利でいいなと思いましたが、同じような時季で混んでいたので日数がかかりました。

今回はさっさと家からなくしてすっきりさせたいので、持って行くことに。

本が好きで、ミステリーを中心に小説を読みまくっていたので、ものすごい量になっていました。

先日クローゼットの整理をして出て来た洋服、納戸から出て来た夫の趣味の雑誌類も一緒に持って行き、査定をお願いしました。

時間がかかるとのことなので、一旦家に帰り、夕方ちょっとドキドキしながら行き、清算して来ました。

結果、本と息子の楽器(ベース)で合計7.500円ほどで、衣類は800円ほどでした。

どちらも買った時の値段に比べたら本当にわずかでしたが、ゴミとして処分すれば逆にお金がかかるので、それよりはいいか・・・と言う感じです。

息子の楽器は1.800円で買い取ってもらったので、その分は息子に渡すと、2年間会社勤めしていたのにお金がない息子は喜んで財布に入れていました(笑)

わたしの愛する文庫本たちは、今まで上の息子にも処分を勧められてもなかなか踏ん切りがつかなかったのですが、今回は処分すると決め、書店で付けてもらったり、自分で包装紙やマスキングテープで飾ったブックカバーをはがしていくと、「こんなのも読んだなあ」「これはおもしろかったなあ」とよい思い出として未練はなく、すっきりした気持ちになりました。

そのうち10冊くらいは「もう1回読もう」と思い、ガランとした本棚のすみっこに残しました。

それにしても、こんなにいろいろ処分してもまだまだ物はあります。

引っ越ししてきて20年・・・気が付けば不要な物に囲まれて暮らしています。

今回はもう少しがんばって、来週は昔使っていた食器棚、今は本やCD、古いビデオテープなどを入れているので、それを処分します。

あとは、息子たちの学習机を一つ処分します。

ほとんど「学習」机として活用されませんでした(笑)

おばあちゃんに買ってもらったし、まだ使えるからとわたしの手芸やパソコン用として使っていたのですが、とりあえず一台にします。

我が家は3LDK。3人家族になったので、上の息子が里帰りしたら寝る場所が今はないので。

しばらくはこのコロナ騒ぎで帰って来れないけど、次に来るまでにすっきりしておこうと思います。

 


ひとりごとランキング

 

 

ABOUT ME
ka-san
北海道で暮らしています。 夫(とーさん)と二人で気楽な毎日。 子育てを昨年卒業し、今は自由に家で好きなことをして暮らしています。
人気ブログランキング
こちらもどうぞ