google-site-verification=uvWH9B2uy-nyPY4jtiZsPCcI3q6JkQh-bSsn8LEXjuU
雑学・その他

一足遅いサクラが花盛り


今日ものんきにひきこもりの家好きかーさんです。

自宅の近くに野球場やテニスコート、遊具広場やちょっとした山がある大きめの公園があります。

その公園には毎年濃いピンク色の八重咲の桜が咲きます。

先週末に窓から見えた木がピンク色になって来ていたので、「もう咲くね」と話していましたが、今週になってどんどん咲き、昨日見に行ったら、満開までは行っていませんが、7分か8分咲きくらいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

本州では桜と言えば「ソメイヨシノですが、北海道の「桜が開花しました」と言うニュースで観るのは、「チシマザクラ」と言う種類です。

今、ようやく釧路、根室地方でも開花しています。

で、この公園の桜はいつも円山公園や市内中心部の開花宣言よりも2週間ほど遅い、この時季に咲きます。

この桜は何ていう種類なのか、調べてみたら「サトザクラ」と言う品種ではないかと思われます。

日本に生息する八重咲の桜はほとんどこの「サトザクラ」由来とのことです。

これからこの桜が満開になり、散り始めると公園はピンクのじゅうたんで、とてもきれいです。

これが窓から見ることができて、足を運ぶとしても玄関から30秒ほどです。

外出自粛でも、十分お花見は楽しめます。

今日から全国各地で緊急事態宣言が解除されますが、北海道の札幌、石狩地方はまだ先のようで、もうしばらくは自宅の庭やご近所の花で癒される日々です。

 

 


ひとりごとランキング 

 

 

 

ABOUT ME
ka-san
北海道で暮らしています。 夫(とーさん)と二人で気楽な毎日。 子育てを昨年卒業し、今は自由に家で好きなことをして暮らしています。
人気ブログランキング
こちらもどうぞ